FC2ブログ

小山憲市さん作のほっこり上田紬

冬は紬が着たくなります。
ほっこりとした暖かさを感じる紬の着物はこの季節に欠かせないですね。

紬は、作り手の意思が特に出る着物のような気がします。
どんな糸を使い、どんな色に染め、どのように織るか
工程を一つ一つ進める中に、作り手の意思が宿っていくのでしょう。
心静かに着物を纏えば、作り手の思いが布を通して伝わってくるかもしれません。

弊店が扱う紬の中でも、特に思い入れがあるものがあります。
信州上田の染織家・小山憲市さんの上田紬です。
小山憲市さんと弊店とは、かれこれ20年以上続くご縁です。
上田の工房も何度もお訪ねし、その都度暖かく迎えてくださいました。
小山憲市さんのお人柄の良さが、長いご縁を繋いでくださっているのだと思います。
900BDC88-0C95-43D1-AEC6-CC5315CCDA8E.jpeg

こちらの着物は、小山憲市さん作の上田紬です。
草木染100%で染め上げた、素朴な色と風合いです。
0452D1C0-B665-4595-B107-3F742013D01E.jpeg

小山憲市さんの上田紬の特徴は、使う糸と色の多彩さです。
この着物も、遠目にはごくシンプルに見えますが
実は多様な糸と色の組み合わせでできています。

糸は、太さや質感の違う絹糸を経糸にも緯糸にも複数使っています。
糸にはそれぞれ持ち味があり、他の糸との組み合わせによって
持ち味が活きたり、逆に霞んでしまったりするのです。
この紬では、細くてサラッとした感じのある糸と
太くてフワフワな糸を巧みに組み合わせることで
ふっくらあたたかな質感に、軽い着心地が合わさった独自な風合いになっています。
7D50644E-2B30-41BC-89A0-5D2F115C1FCA.jpeg

色は、胡桃で染めたベージュと、苅安で染めた黄色の組み合わせです。
長野県上田市は胡桃が名産で、草木染でも胡桃を使ったものが古くからあるそうです。
苅安はススキの仲間で、こちらも古代から染料として使われています。

実は、この色の一部は、以前私が染めた胡桃染の糸が使われています。
小山憲市さんの工房で研修を受けさせていただいた際、染めたものなのです。
胡桃を煮出して染液を作り、糸を浸けて染め、媒染剤で発色させるまで
丁寧に教えていただいて染めた糸が織り込まれています。
そんなわけでこの着物は、数ある着物の中でも弊店にとっては特別な一点なのです。
744542CE-F334-44CB-934C-9E28ABE3C9B9.jpeg

7AF1CE9B-09BE-4A88-8F7D-1D0A92C7B09A.jpeg

やさしい色合いで、色々な帯を受け入れてくれる懐の深さがある着物です。
お手持ちの帯とも自然と馴染んでくれることでしょう。

B0327000-EA00-43B7-964D-B81251408356.jpeg

CE06D4CC-02C7-4EBC-BE51-C8E8281CC735.jpeg

75263D17-5594-40BD-9150-AFC8E05CA169.jpeg

6C8208A6-E777-45A5-A038-3D53B1601914.jpeg


世界にこの1点だけの特別な着物です。
全国発送も承ります。
詳細は丸太やまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

丸太やオリジナル音楽グッズ

今日は店頭でニューイヤーミニコンサートを開催しました♪
記録的な寒波だそうで、神戸も非常に寒かったですが
思いのほかたくさんの方が足を止めてお聞きくださいました。
演奏していても手がかじかんで大変でしたが、聞いていただけてよかったです。

丸太やは呉服屋ですが、音楽をモチーフにした丸太やオリジナル商品は着物以外も多彩な品揃えです♪
普段使いに良いもの、贈り物におすすめなもの、いろんなタイプの商品を店内に常設しています♪
音楽愛あふれるこだわりの品々をぜひご覧ください(^^)

F1619050-A5F0-4D45-90B8-B18DBB10938F.jpeg

54499A04-E29C-42CC-B49D-D173942D211D.jpeg

AA5A8CC4-FA30-42A5-81D6-9C9E775FC717.jpeg

4191AE59-EB8D-49BB-B0C5-C89F79F0E9C3.jpeg

61B0C406-AEAA-4354-83DC-07ACB0D42288.jpeg

C8E8F2A6-78D5-466C-B649-6BB5734EDF75.jpeg

BFFDE28E-C426-4F37-B0F9-A2AE65D99243.jpeg

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

エレガントな薔薇の帯留

昨日、薔薇を纏うような着物コーディネートをご紹介したところ、大変好評をいただきました♪
薔薇は模様になっても美しくていいですね。
愛好家が多いのもわかります。

昨日ご紹介したコーディネートには、帯留を合わせておりました。
帯留は着物特有のアクセサリー。
いつもの着物にちょっとコーディネートするだけで、印象が変わります♪
薔薇の帯留202010011

こちらは漆塗りの帯留。
水牛の角に、漆で薔薇の花を描いています。
漆を幾重にも塗り重ねることで、台より少し盛り上がっています。
平面表現だけでなく、このような立体感を表現できるのも漆の特徴です。
薔薇の帯留202010012

裏は三部紐を通す管が付いています。
お好みの三部紐を通して、お出かけ着物にコーディネートしてください。
薔薇の帯留202010013

1点ずつ手で制作していますので、この帯留は現品1点限りです。
メールやお電話などでもご注文承ります。
詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください♪

薔薇の帯留202010014
漆塗り帯留【薔薇】
価格:9,500円+税
素材:水牛角
制作:工房ポミワンネ


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

ピアノリサイタルにはピアノ柄の帯を結んでお出かけ♪

2020年はベートーヴェン生誕250年のアニバーサリーイヤーです♪
ベートーヴェンといえば、ピアノのための名作を多数作曲しています。
ベートーヴェンのピアノソナタは、ピアニストにとってバイブルのようなものだそうですね。
ピアノのコンサートに着物を着て行くならぜひコーディネートにピアノ柄を!
ピアノ柄名古屋帯202010011

こちらはろうけつ染作家・長田けい子さんの名古屋帯です。
ピアノをモダンなタッチで描いた名古屋帯です。
ブルーグリーン系の爽やかな色合いで、ピアノの様々なモチーフが描かれています。

ピアノの鍵盤や、透かし彫りの譜面立てが特徴です。
長田けい子さんの持ち味である、透明感のあるやさしい色合いが魅力的です♪
ピアノ柄名古屋帯202010012

前の柄も柄がたくさん描かれています。
結び方で、ピアノの鍵盤が出る方と、透かし彫りの譜面立てが出る方を選べます。
ピアノ柄名古屋帯202010013

ピアノ柄名古屋帯202010015

ピアノ柄名古屋帯202010014

1点ずつ手染めした帯のため、この帯は世界にこの1点だけ。
唯一無二のオリジナル帯です。

コンサートに着物で行くときは、ぜひこの帯を結んでお出かけください♪

名古屋帯「ピアノ」
作:長田けい子
表地価格:93,500円
仕立て上り価格:104,500円
オンラインショップは<コチラ>




お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

音符柄の絞り染め名古屋帯を作ります♪

コロナウイルスの影響でどの業界も大変ですが、呉服業界も例外ではありません。
これから先もまだまだ厳しい状況が続きそうです。
モノづくりの現場でも、新しいものが作りにくい環境になっています。
ですが、こういうときでも、いやこういうときだからこそ、新しいものを作ることが必要だと感じています。

というわけで、弊店も今新しい商品の制作をお願いしています。
【京絞り寺田】さんに、絞り染め名古屋帯を作って頂いているのです。
弊店オリジナル商品のために考案していただいた、音符の柄です。
今回の新作は、はんなり桜色に染めて頂く予定です。

音符柄絞り染め名古屋帯20200928
※写真はイメージです

絞り染めの色模様は一期一会♪
どんな仕上がりになるか、とても楽しみです!
完成しましたらまたご紹介いたします。
乞うご期待!!

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR