FC2ブログ

小千谷縮

小千谷縮は、新潟県小千谷市周辺を主な産地とする麻織物です。

小千谷縮の一番の特徴は表面の「シボ」といわれるシワ加工です。

小千谷のシボ


これは緯(ヨコ)糸に強い撚りを加え、お湯の中で揉むことで生まれます。

このシボによって小千谷縮は肌と触れ合う面積が少なくなり、軽やかな肌触りになります。

また、伸縮性の少ない麻繊維の固さをシボによる弾力で和らげています。

麻布はシワになりやすいですが、シボを立たせることによってシワも目立ちにくくなります。

小千谷縮が現在のようなかたちになったのは17世紀のころ、堀次郎将俊(明石次郎)というひとが縮の技法を伝えたからだそうです。

堀次郎による改良の結果、小千谷縮はそれまでの麻織物より格段に着心地がよくなり、現在に至るまで夏の着物の人気者になっています。



ちなみにこの堀次郎という人、明石次郎とも呼ばれますが出身は播磨国明石で、ここ兵庫県ともゆかりのある人です。

江戸時代、明石からはるか遠く小千谷へ(当時はおそらく徒歩が主な交通手段だったでしょう)向かい、そこで現在まで伝え続けられる織物を生み出した人がいたのです。

何となくロマンを感じます。





『本場小千谷縮 夏のカジュアル展』

7月1日(金)~12日(火)

会場:丸太や

「本場小千谷縮 夏のカジュアル展」催事案内のページ








ブログランキング参加中→人気ブログランキングへ
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR