FC2ブログ

日本人の知恵・小千谷縮でクールビズ

昨年の夏は猛暑に加えて節電のため、大変に暑く過ごしにくい夏でした。

兼好法師は随筆『徒然草』の中で「家の造りやうは夏を旨とすべし」と言っていますが、住まいに限らず衣服や食事においても、夏をいかに過ごしやすくするかということが、ここ日本においては昔から重要だったのです。

小千谷縮は夏を過ごすための最良の衣として進化を重ねてきた着物です。

母小千谷
(母着用の小千谷縮『まつりばやし』)

小千谷縮の前身は越後麻布という麻織物でした。それは本麻を平織りしたシンプルなものでした。

江戸時代、播磨の国から移り住んだ武士、明石次郎こと堀次郎将俊が明石縮の技法を越後麻布に取り入れ、小千谷縮が生まれました。

堀次郎将俊が越後麻布に加えた改良点の一つは、横糸に強い撚りを加えて縮みを出したことでした。

これにより、伸縮性が乏しくゴワゴワした麻織物は柔軟性を増し、空気が通りやすくなり、肌との接地面積も小さくなってべたつかず、着心地の良い着物となったのです。



また麻という素材も昔から夏の衣類に最適な素材として使われていました。

麻は吸湿性、放湿生が高く、油分も吸い取るので常に肌触りがさらっとします。

更に放湿する際に繊維が締まり、通気性が良くなるのです。

小千谷縮は縮加工と相まって通気性が抜群に良く、「風が通る着物」といわれるほどです。

繊維の強度も天然繊維の中では高く、丈夫で比較的簡単に洗濯できるのも、汚れやすい夏に向く理由の一つです。

樋口さんの小千谷縮『まつりばやし』にはお手入れ方法が書いてありますが、『ネットに入れて洗濯機で洗う』のです。

洗えるきもの2

シワや縮みは霧吹きで湿り気を与え、手でかたちを整えるだけ。扱いが楽なのです。



クーラーなど無かった時代、夏の暑さ対策は主に衣服で行われました。

そして、麻という天然素材の特徴を経験的に知り、夏の衣服としてより過ごしやすくするために改良を加え、小千谷縮が誕生しました。

衣服で夏を乗り切るということにおいて、小千谷縮は元祖クールビズの知恵といえましょう。

小千谷縮125011小千谷縮125013
小千谷縮125014小千谷縮125012



4月28日(土)~5月6日(日)

『小千谷縮 樋口隆司』

場所:丸太や


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR