FC2ブログ

シルックの襦袢で秋の単衣きもの準備

このごろ弊店では単衣の着物をお仕立させていただくことが続いています。

9月からのお単衣シーズンに向けての準備です。

残暑がいつまでも続きますので、最近は単衣の着物も10月いっぱいくらいまで着てしまえ~という機運が高まっているように感じますが、僕もTPOに反する場合でなければ無理に袷を着なくても良いだろうと思っています。

絹の着物は簡単にジャブジャブ洗濯できませんし、それほど頻繁にお手入れしなくても問題ありません。

基本的には季節の変わり目、衣替えの時期、着収めの頃にちゃんとお手入れしておくと良いのです。

汗など内側からの汚れは襦袢でだいたい止まるので、意外と表の着物への影響は少ないのだそうです。

その分、襦袢は直接肌にふれる部分が多い分、汗などが気になります。

そこでオススメなのが東レ製シルックの洗える襦袢。
シルック襦袢20128271
ポリエステルなので洗濯機でジャブジャブ洗えます。

化学繊維の着物、襦袢も世の中に色々ありますが、中でもこのシルックが一番よく出来ていると感じます。

化繊特有のがさついた硬い感じが少ないのは、絹糸をよくよく研究した結果です。

シルック襦袢20128272
シルックの襦袢の中でもこのタイプは生地にちぢみ加工が施してあり、より肌触りが軽くサラっとします。

弊店が単衣によくオススメするタイプです。

胴抜き(胴の部分に裏地がつかない)袖無双(袖を同じ生地で二重に仕立てる)でお仕立させていただくことが多いでしょうか。



そろそろ僕も夏の着物を片付ける準備をせねばと思いつつ、あと何回かは着てから手入れに出そうかと検討中。

ここ元町でも、おそらくは今年の浴衣着収めと思われる人たちが、夏の終わりを楽しんでおられます。



お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR