FC2ブログ

前途洋々を祈って…波の文様

ただ今『入学式・卒業式の装い』展開催中です!


今日は文様のお話です。

現在弊店に集まった、入学式や卒業式にぴったりの着物や帯。

よく見ると、水にまつわる文様のものが多いことに気がつきます。

こちらは名古屋帯の太鼓柄。
波の文様201302205
波の文様を唐織で表現しています。

資源が無い国といわれる日本が持つ、豊かな資源の一つが水です。

海に囲まれ、気候に恵まれ、美しい川などの水が豊富にある日本。

日本の根幹を支えた稲作も豊かな水あってのことですし、日本が世界に誇る、友禅などの染織技法も美しい水を基に発展しました。

水は私たちにとって非常に身近であり、重要なものなのです。

水をデザイン化した文様は太古から日本に存在し、現在に至るまで、着物の文様のうち重要なモチーフの一つです。

水にまつわる文様の中でも有名なのがこちら。
波の文様201302202
連続する波を文様化した「青海波」。御召付け下の裾部分です。

寄せては返し、止まることの無い波は「生命」や「永遠」の象徴であり、広がってゆくようなデザインは「発展」「成長」を思わせます。

地紋や小紋柄として着物全体に描かれたり、一部をポイント柄につかったり、菊花や雪輪などほかのモチーフと掛け合わせたりして、着物や帯の中によく使われる文様です。


水は明確なかたちが無いがゆえに様々なデザインで描かれます。
波の文様201302201
こちらは様々なかたちの「波の丸」。名古屋帯の柄部分です。

大波小波、写実的なものからデフォルメされたものまで、いろいろなかたちがあります。



渦や波紋も水にまつわる文様です。円または楕円、らせん状の線によって表現されます。
波の文様201302204
こちらは地紋に円の波紋が織り込まれ、蒔き糊で染められた小紋です。

波紋が次々に生まれ広がっていく様もまた生命や成長、発展を感じさせる文様として愛されてきました。


こちらは「観世水」文様です。
波の文様201302203
能楽の家元「観世家」が用いたことからこう呼ばれています。写真は蒔き糊の絵羽着物です。


水にまつわる文様は他にも「流水」や「滝」など、たくさんあります。

それらに共通するのは、永遠や繁栄への願いが込められていることです。

お祝いの席に着るフォーマルな着物や帯の柄に良く使われるのも納得です。




2月16日(土)より24日(日)まで

『入学式・卒業式の装い』

場所:丸太や



お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR