FC2ブログ

小山憲市さんの工房を見学しました!

11日からは小山憲市さんの個展がはじまります!

1月11日(土)~19日(日)
信州上田紬 小山憲市 織個展『新たな始まり』
場所:丸太や


弊店新人である麻衣子が、小山さんの上田紬が生まれる現場を初めて見学した感動そのままにレポートを書きました。
一緒に信州の空気を感じていただければ幸いです。



昨年十二月十日、長野県上田市の小山憲市さんの工房を訪ねました。
上田駅に降り立つと、神戸よりも空気が冷たく澄んでいるように感じました。

空が高く、静かな街。

四方を山に囲まれた上田市は、海の街神戸とは違った穏やかな時間が流れているように感じました。

駅から車で一〇分ほどの工房へお伺いすると、小山さんが笑顔でお迎えくださいました。
初めてものづくりの現場に伺う私は、職人気質の厳しい方が待っているのかもしれないと緊張していたのですが、初めてお会いした小山さんはとても明るく優しい方で、私たちを温かく迎ええくださいました。
十二月に丸太やに入社したばかりで、着物について一から勉強中の私。
そんな私に小山さんは、上田紬とはどういうものなのか、自分の織物はどのように生まれるのかを丁寧に教えてくださいました。

蚕の繭からは長い一本の糸がとれ、それを何本か縒り合わせたものが一本の生糸になります。
この糸で織りあげたものは滑らかで艶のある生地になり、縮緬など染物用の生地になったり、御召になったりします。
それに対して、繭を綿状にして紡いだ糸や、二匹の蚕で作られた節のある糸を使って織られたものを『紬』といいます。
紬は全国各地に産地があり、それぞれ独自のものづくりをしています。
上田紬は製造工程を分業にせず、ひとつの機屋が一貫して作っているところが多く、上田紬というくくりの中でも機屋ごとに個性のある織物が作られています。
上田研修20141

小山さんも、糸の精練から染色、機織りまですべての工程をご自身の工房でされています。
他の誰にも作ることのできない『小山憲市』の紬がこの工房で生まれています。

布になる前の糸を見たことのない私に、小山さんはたくさんの種類の糸を見せてくださいました。
細く艶やかな糸、真綿のままのように柔らかくフワっとした糸、張りのある硬めの糸、自然の蚕が作った繭…
一つひとつ個性の違うたくさんの糸たち。
小山さんはこれらの糸を自在に組み合わせて独自の布を作ります。染色に使う材料も多様です。
自然の味わいやぬくもりのある色を出したいときは、栗や胡桃、柳の葉など自然の植物から得られる草木染の色。
自由に色を作りたいときは化学染料。
求める色によって異なる素材を使い分けます。
上田研修20145

「糸にはいろんな特性の違いがあります。色も草木でしか出せない味わい、化学染料だからできる自由な色だし、それぞれに良さがあります。どんな着物を作りたいか、どんな方にお召しいただきたいか、最終的なイメージによって使い分けています。」と、小山さんはおっしゃっておられました。

工房の一階、二階には織機があります。
小山さんは作りたい織物の特性に合わせて動力織機と手機織機を使い分けています。
上田研修20146

「少し織ってみますか?」と言っていただいたので、初めて機織りの体験をさせていただきました。
上田研修20142

木造りの機に腰かけていざ挑戦!シンプルな動作ですが、なかなかスムーズに織れません。
私の横では小山さんのお母様がもう一台の機で手際よく織られていました。
上田研修20144

「母はずっと機織りを続けてきたので、母にしか織れない風合いがあるんです。」と小山さん。
熟練への道のりは果てしなく遠いと感じました。

最後に、小山さんの上田紬を広げて拝見させていただきました。
上田研修20142

一つひとつ個性豊かで同じ方から生まれたとは思えない反物の数々。
一緒に伺った弦さんは「今までとは違った作風の素敵な着物ですね」と、感嘆していました。
「同じものだけを作り続けるのではなく、いつも新しいものに挑戦したいと思っています。
最近は今まで自分が苦手だった色を積極的に取り入れてみたりしているんです」と小山さんはおっしゃいました。
穏やかな笑顔の中にものづくりにかける熱い思いを垣間見ました。
上田研修20147

初めて小山さんにお会いし、ものづくりの現場を拝見させていただき、そして織りあがった作品の数々に触れて、この着物の優しい風合いは小山さんのお人柄そのものだと感じました。
私もお気に入りを1点選ばせて頂きました。この度仕立てが出来上がって、早速袖を通してみました。
思っていた以上に、軽くて暖かくて、着物初心者の私を、そっと包んで応援してくれているような気がします。
ぜひ、皆様にもこの着物のぬくもりを感じていただきたいと思います。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
2014010814543678f.jpg


三木 麻衣子

期間中、11日(土)、12日(日)の両日は小山憲市さんも上田から弊店にお越しくださいます!

小山さんの楽しいお話とともに、お着物もお楽しみください♪


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
26位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR