FC2ブログ

『西南シルクロード展~日本文化のルーツを辿る~』2月6日~14日

もうすぐ南京町で旧正月を祝う祭り【春節祭】が始まります。
色とりどりの衣装に身を包み、獅子舞や龍踊が練り歩く、華やかなお祭りです。
元町が一番賑わうときでもあります。
一見すると日本とはかなり異なるように思える中国の文化。
しかし、その源流を辿ると、日本の伝統文化の中にも世界の様々な地域との類似点を見つけることができます。
日本にも海外との文化的なつながりがあるのです。

この度弊店では、古代染織研究家の名和野要さんが収集した民族衣装や現地の写真を展示公開いたします。

西南シルクロード展バナー
―日本文化のルーツを辿る―
『西南シルクロード展』
2月6日(土)~14日(日)
場所:神戸・元町 丸太や
催しのご案内はコチラ


今回の展示会のテーマは「西南シルクロード」です。
シルクロードといえば中央アジアを通る北方のルートが有名ですが、
日本の文化に大きく影響を与えているのは「西南シルクロード」だといわれています。

西南シルクロードは西安からインドやタイ、ベトナム方面へと続く交易路です。
その歴史は北方シルクロードより古いとも言われています。

西南シルクロード展201601294
山の斜面に広がる美しい棚田

西南シルクロード展201601298
どこか昔の日本の風景を思わせる村

西南シルクロード展201601299
日本では失われつつある景色が残っている

西南シルクロードによって日本にも様々な文化が伝えられました。
稲作をはじめ、豆腐などの大豆食品や味噌などの発酵食品、
竜神信仰や神社の鳥居、注連縄まで、日本らしいと思われる様々なものが、
西南シルクロードを通って日本にもたらされたと考えられています。

西南シルクロード展201601293
注連縄のルーツと思われる飾り

西南シルクロード展201601296
ミャオ族の民族衣装

西南シルクロード展2016012910
大きな頭飾りが特徴的

この度の展示会では、西南シルクロード地域に今も息づいている文化や風習を、民族衣装と写真を通して感じていただけます。

ご希望の方は民族衣装の試着もできます♪
こちらは中国の清朝で仕官が着た宮廷装束です。
全身に龍の刺繍が施されています。
西南シルクロード展201601291

こちらはタイのミャオ族の民族衣装。
刺繍が施された上下の服と、華麗な頭飾りが特徴です。
西南シルクロード展201601292

南京町の春節祭と一緒にぜひ異国文化をお楽しみください。



お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook


 
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR