FC2ブログ

「付下」と「訪問着」ってどう違う?

着物を着る方なら「付下」「訪問着」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
どちらも「絵羽模様」という柄の付け方が特徴です。
絵羽模様は着物に仕立てあがったときに1枚の絵のように柄が描かれたもので、その代表格が訪問着です。
もともとは着物の白生地を着物のカタチに裁断して仮縫いし、下描きをしてから染めていました。

昭和40年ごろ、訪問着のような「絵羽模様」を、仮仕立てをしないで直接、白生地に染める技法が開発されました。
仮仕立てをしない分、手間が省けて、安価に制作することが出来たので人気を博しました。
時あたかも、第一次ベビーブームで成人する女性が急増し、かつ高度成長の真っ只中、という事情もあいまって、この「絵羽付け」をしない「絵羽模様」の着物は一世を風靡しました。
この「絵羽付け」をしない「絵羽模様」の着物が「付下げ」です。
「絵羽付け」をしない「絵羽模様」の着物が「付下げ」と名付けられたのは、絵羽「付け」を省略して価格を「下げ」た、ことに由来します。
いわば本格的な訪問着の簡易版、廉価版、という意味です。

このような制作上の違いが「付下」と「訪問着」にはあります。
見た目の違いは「訪問着は柄が縫い目で繋がるが付下は繋がらない」「訪問着は共八掛だが付下は共八掛ではない」などといわれていましたが、近年はそうでもありません。
仕立てると柄が全て繋がるように染められた付下もありますし、共八掛でない訪問着もありますし、両者の違いは実はけっこう曖昧だったりするのです。

この着物も付下ですが、仕立てるとほぼ訪問着と遜色ありません。
付下201602081
弊店のような呉服店ではこのように巻いてある状態のものを付下と呼びます。
写真は上前部分です。
これに後の裾模様部分を並べると・・・
付下201602082
ご覧のとおり後姿まできっちり模様が続きます!
こうなると、仕立てあがったらプロでも訪問着か付下か判断できないでしょう。

前の部分はこんな感じになります。
付下201602083
非常に格調高い古典柄で、付下でありながらほぼ訪問着と同格でお召しいただけます。
結ぶ帯も、やはり格調高い袋帯がオススメです。
華やかな装いには金銀の立つ豪華な帯を!
付下201602085

少し控えめな装いには、金銀の少ない色糸中心の帯が合います。
付下201602084

ちなみに・・・
こんな立派な着物でも弊店の標準的な染帯くらいの価格です♪


この着物はただ今弊店で開催中の『西南シルクロード展』期間中にご覧いただけます☆
西南シルクロード展バナー
―日本文化のルーツを辿る―
『西南シルクロード展』
2月6日(土)~14日(日)
場所:神戸・元町 丸太や
催しのご案内はコチラ




お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook


 
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR