FC2ブログ

男が更紗を着るとこうなる!

今年の大河ドラマ「真田丸」面白いですね!
ここ数年大河ドラマを見ていなかったのですが、今年はしっかり見てます♪
やっぱり戦国時代の話は魅力がありますね~。

今回は衣装にも注目しています!
この時代は男性も絞り染めを中心に色柄豊かな着物を着ています。
南蛮船によって新しい染織品ももたらされ、衣服の色柄や技法が多様になった時代でもあるのです。
ドラマを見ていると、男も柄のある着物を着たっていいんじゃないかと思いますね~。

南蛮船によってもたらされたものの一つが「更紗(さらさ)」です。
更紗は茶人などに珍重され、茶道具の仕覆、茶杓の袋、懐中煙草入れなどに利用されていたそうです。
戦国大名は陣羽織などに更紗を用いたそうです。
戦国時代の武士は新しい衣服を果敢に取り入れるファッションリーダーでもあったんですね。

そんなわけで、現代も男が更紗を着てみたらカッコイイんじゃないかと思うわけです!!
更紗201602121
例えばこの茶色に樹木文様の更紗小紋。
一応女性用の反物ですが、男性の着物にすると・・・

更紗201602125
どうです!?けっこう良いことないですか!?

色数が多かったり花柄が派手だったりすると、男性にはちょっと向かないかもしれませんが
この更紗は茶色に墨でシンプルな配色。
デザインもスッキリしているので、男の着物にしてもカッコイイと思います。更紗201602122

男の着物は無地や縞格子が中心。
そんな中で柄物の着物をお洒落に着こなせたらいいですね♪
更紗201602123

ただし、この更紗は女性用の反物なので生地幅が広くありません。
そのため、裄が最大1尺9寸0分(約72cm)までになります。
あまり大柄でない男性向きですね。


ただ今コチラ開催中です↓↓
西南シルクロード展バナー
―日本文化のルーツを辿る―
『西南シルクロード展』
2月6日(土)~14日(日)
場所:神戸・元町 丸太や
催しのご案内はコチラ




お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook


 
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR