FC2ブログ

新作付下「スミレの花咲くころ」で宝塚歌劇団を見に行こう☆

やっと来ました!春!
桜の花も少しずつ咲き始めています♪
花を咲かせるのは桜だけではありません。
足元をよく見ると、道端にも可憐な花が。
スミレの花が咲いていませんか?

宝塚歌劇団を象徴する歌「スミレの花咲くころ」
もとはドイツで生まれの歌です。
フランスでシャンソンとして歌われていたものを、演出家の白井鐵造が耳にして、
日本語詞を付けて1930年に宝塚歌劇団で「パリゼット」の主題歌として発表しました。
本場フランスで修行した白井 鐵造が満を持して発表した「パリゼット」
孔雀の羽扇や、足を高く上げるラインダンスなど、宝塚歌劇団を象徴するようなスタイルが生まれた作品です。
主題歌の「スミレの花咲くころ」も後世まで歌い継がれる代表的な歌となりました。

そんな「スミレの花咲くころ」をテーマに、新作の着物を制作しました!

スミレの花咲くころ3
本友禅染付下「スミレの花咲くころ」(共八掛付)
制作:木戸源生
生地:正絹
反物価格:216,000円(税込)
(+50,760円で弊店でのお仕立ても承ります)


本友禅染作家・木戸源生さんに制作していただいた新作です。
この1点のためだけに、図案から始めて染めまで一つ一つ手仕事で仕上げていただきました。
木戸源生201603241

本作のテーマは「宝塚歌劇団の観劇に着物で行く」!
華やかな宝塚大劇場に着ていきたい着物を目指してデザインしました♪
模様のテーマは宝塚歌劇団を象徴するものということで「スミレの花咲くころ」の歌を選びました。
群生するスミレの花が、道端を彩り、劇場へ誘うような、そんなデザインです♪
スミレの花咲くころ1

花は一輪一輪繊細なタッチで描かれています。
細密画のような、瑞々しい表現が素敵です♪
スミレの花咲くころ2

ちなみに、写真ではほどんどわかりませんが泣
生地には音符の模様の地紋があります♪
歌をテーマにした着物なので~☆

この1点のみですので、実物はぜひ弊店でご覧ください!

【本友禅染 木戸源生 別染め受注会】
3月31日(木)~4月5日(火)
場所:神戸・元町 丸太や
催しのご案内はコチラ


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

  
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR