FC2ブログ

【丸太やのべっぴん】ハープの模様が美しい逸品染帯

朝ドラで話題の「べっぴん」
もともとは「特別な品物」のことを指していたそうです。
このコーナーでは弊店でだけお求めいただける【丸太やのべっぴん】をご紹介します♪

二度と同じ模様が再現不可能な染色技法があります。
【墨流し染】です。
墨流し染は、水面に顔料を浮かべて模様をつくり、布に吸い取らせて染める技法です。
イタリアのマーブリングも同じ技法です。
もともと日本で墨を使って和紙を染めていたものがヨーロッパに伝わり、イタリアでマーブリングになったともいわれています。

水に浮かべた模様をそのまま布に移すので、ある程度のコントロールはできますが、同じ模様は再現できません。
「行く河の水は絶えずして、しかも、もとの水にあらず」とは方丈記の有名な一節。
水の動きがまったく同じになることはなく、そこがこの染の難しさであり、面白さです。

そんな墨流し染に、さらに楽器の模様を染めたのがこの名古屋帯♪
ハープ帯201611221
東京の染織家、高橋孝之さんに染めていただいたハープの柄の名古屋帯です。
高橋孝之さんは、墨流し染の第一人者です。
コントロールの難しい墨流し染を見事にあやつり、様々な作品を制作されています。
もともと更紗染工房だったこともあり、型染も得意とされています。

そんな高橋孝之さんに染めていただいたこの名古屋帯。
ベースの色の流れるような模様は墨流し染の模様です。
ハープ帯201611222

ハープの模様を染めるため、墨流し染は控えめな表現。
全体がチラチラと光って見えるのは、布に銀糸が少し織り込まれているからです。
流れる水の文様にハープが重なり、流麗なハープの音色が響いているようです♪
ハープ帯201611223

前の柄はこんな感じ。
小さなハープの模様です。
ハープ帯201611224

この帯はもう2度と再現不可能。
一期一会の【別品】です。

高橋孝之・作 染名古屋帯「ハープ」
帯地価格:129,600円
仕立て上がり価格:140,400円
オンラインショップはコチラ


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR