FC2ブログ

【士乎路紬(しおじつむぎ)】をご存知でしょうか?

全国には本当に色々な着物があるな~と、この仕事をやってつくづく思います。
いまだに見たことのないものもたくさんあります。
実に奥深い・・・

皆さんは【士乎路紬(しおじつむぎ)】というものをご存知でしょうか?
士乎路紬201702191

実は僕も詳しくなかったのですが、実は母がよく着ている着物が士乎路紬でした。
母のお気に入りの着物なので、着ているところはよく見ていました。
それが士乎路紬という着物だったとは・・・

士乎路紬は能登半島の入口にあたる羽咋(はくい)という場所で作られている紬織物です。
士乎路紬201702192
大きな産地ではなく、生産反数も少ないため、なかなか見る機会も少ないかもしれません。
士乎路紬は、結城紬と大島紬の良いところを合わせて考案された新しい紬です。
特徴は糸と染にあります。

糸は結城紬のような手引き真綿糸を経糸にも緯糸にも使用しています。
ふっくらとやわらかくて軽い、結城紬に近い風合いを感じます。

染めは草木染のみで色を表現しています。
植物から得られる素朴でやさしい色合いが魅力です。
この反物では、茜で赤茶色を染め、くちなしで格子の黄色を染めています。
士乎路紬201702193

母は、とにかく着心地が良いといって、実によく着ています。
確かに、この手触り、風合いは、独特の心地よさがあります。
この反物を仕立てると、概ねこんな雰囲気に。
茜で染めた深い赤色が上品。
くちなし染めの黄色い格子が利いていて、地味になりません。
かといってケバケバしさもなく、草木染特有の上質な色です。
今回、士乎路紬が数点ご覧いただけますが、この反物がダントツに良いと母が申しております。
士乎路紬201702194

紬の着物なので、普段に気軽に着こなしていただきたい着物です。
これからの季節には、春らしいこんなコーディネートはいかがでしょうか。
士乎路紬201702195
カラーの柄の名古屋帯を合わせました。
直線的な織の着物に、やわらかなラインの帯がよく合います♪
士乎路紬201702196

秋には秋の着こなしで。
士乎路紬201702197
葡萄唐草柄の西陣織名古屋帯を合わせています。
帯締め、帯揚げを秋色にすれば、シックな着こなしも楽しめます。
士乎路紬201702198

「士乎路紬(しおじつむぎ)」ぜひお見知りおきを。
現物を見てみたいというかたはぜひ丸太やへお問合せください♪

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR