FC2ブログ

友禅染作家・眞鍋沙智 作 付下げ「春秋」

3月23日から28日まで丸太やでは
【新星若手女流作家 作品展】
を開催いたします!

友禅染作家・木戸源生さんのご紹介により、木戸さんの指導を受けた3名の染織家の方をご紹介します。
「伝統工芸は若い担い手が無い」という話をよく聞きますし、実際そういう面も多々あるのですが、
若い方が全く皆無ということではありません!
新しい感性による新しい作品が、しっかり作られているんです☆

というわけで!
友禅染作家として活躍する若き女流作家の方々の作品をご覧いただきたいと思います(^^♪

<眞鍋 沙智(まなべ さち)>
眞鍋沙智20170316
<プロフィール>

1984年愛知県生まれ。
友禅の色彩と図案の芸術性に魅かれ
2007年立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業後
友禅作家で日本工芸会正会員の吉田喜八郎に師事し手描友禅を学ぶ。
ファッションとビジュアルアートの融合を志し
観る・着る・飾るという機能を備えた作品作りを行う。


今回の作品展では、眞鍋沙智さん作の付下げや染帯をご覧いただけます♪
その作品の色やデザインには、これまでの着物には無い洗練された魅力があります。

眞鍋さんの作品の中から、今回は付下げをご覧いただきたいと思います!
友禅染付下げ201703161
付下げ「春秋」

ミントブルー、あるいはミントグリーンともいえるでしょうか。
爽やかな地色がとても印象的な付下げです。
題材は「春秋文様」といい、桜と紅葉を描いています。
春と秋を代表するモチーフを一つに描くことで、幅広い季節に着ることができるデザインです。

粉雪のように見える全体の模様は蝋吹雪
細かな蝋の飛沫を飛ばし、ベタ塗りの地色とは異なる柔らかい表情を作っています。
模様の輪郭はあえて太くし、切り絵のような雰囲気に。
柄が堅苦しくならず、可愛げのあるデザインです。

桜の花はほんのりやさしいピンク。
淡いグラデーションがきれいです。
友禅染付下げ201703162

紅葉は色彩豊か。
葉の色の移ろいは、色を手挿しして暈していく手描き友禅の魅力です。
友禅染付下げ201703163

仕立てると概ねこのような雰囲気。
お召しいただくと、太もものあたりから裾に向かって大振りの枝が枝垂れ掛かります。
友禅染付下げ201703164

後姿もきれいです♪
ここは後の裾あたりの模様。
小ぶりの枝が後姿を彩ります。
友禅染付下げ201703167

染めの着物には織の帯とよくいいますが、この付下げにも織物の帯がよく合います。
今回はご参考に西陣織の名古屋帯を合わせてみました。
友禅染付下げ201703165
川島織物の名古屋帯です。
黒地に鬘帯の模様。
爽やかなミント色の着物に、黒地の帯が好対照です。
季節柄、帯締めと帯揚げは春らしい色で合わせてみました♪
友禅染付下げ201703166

価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください♪
眞鍋沙智さんは3月25日(土)に丸太やへお越しくださる予定です!
多彩な作品をぜひお手に取ってご覧ください☆

木戸源生作品展201703看板
【友禅染 木戸源生 春の新作展】
―併催―
【新星若手女流作家 作品展】
3月23日(木)~28日(火)
神戸・元町 丸太や
cont03-3408b.jpg
催しのご案内はコチラ




お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR