FC2ブログ

紺地の浴衣に夏を感じます

夏です!浴衣の季節ですね~☆
今日は元町商店街も夏恒例のお祭り【元町夜市】です。
浴衣をお召しの方もたくさんいらっしゃるでしょうね♪

その昔、ある女優さんが「浴衣は竺仙じゃなきゃ」とおっしゃったそうです。
浴衣といえばまず「竺仙」の名が挙がるほど、超名門です。
竺仙は浴衣だけを作っているわけではなく、夏物以外の絹の着物なども作っていますが、
夏といえば竺仙の浴衣というイメージがあります。

竺仙の浴衣はモダンなものからトラディショナルなものまで様々です。
一番伝統的な雰囲気のものは、白い浴衣地に紺一色で染め上げたもの。
こういう雰囲気の浴衣を見ると、「夏だなぁ~」と感じます。

地色の方が紺色だと、落ち着いた大人の雰囲気になります。
スッキリと上品に着こなしたくなりますね♪

こちらは夏を代表する花「百合文様」です。
竺仙浴衣201707251
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と言われるように、美人の形容詞にもなる花。
紺地に白で爽やかに表現された百合の模様が、浴衣姿を美しく彩ります♪
竺仙浴衣201707252

夏のお祭りといえば、一度は金魚すくいをしたことありませんか?
こちらは夏の風物詩「金魚文様」です♪
竺仙浴衣201707254
浴衣地を水に見立てて、優雅に泳ぐ金魚の模様を大きなタッチで表現しています。
ひらひらと揺れる尾びれが艶やかですね♪
竺仙浴衣201707253

そして弊店で人気が高いのがこの「葡萄文様」!
葡萄の栽培は日本でもかなり歴史があるそうですよ。
子孫繁栄の意味や、良縁に絡むという意味もあり、縁起の良い柄です。
竺仙浴衣201707255
葡萄といえば「ワイン」ですよね!
世界では生で食べるよりワインに加工する方が生産量が多いそうです。
浴衣でワイン会などに着ていくとオシャレですよね~(^^♪
赤派はワインレッドの帯を、白派はオフホワイトの帯を、そんな感じで帯を選ぶのもいいと思います☆
竺仙浴衣201707256

お仕立てにお時間を頂きますので、ただ今ご注文いただくと8月中旬ごろのお納めです。
今年の夏に着るなら今がラストチャンスです!!
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください(^^♪

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR