FC2ブログ

原田今日子さん作・生命力が迸る訪問着「蝶生る」

原田今日子さんの作品の特徴は「生命」に対する視点だと思います。
生きとし生けるものの命の在り様を、文様に表しているように感じます。
具体的な生き物を描いていたとしても、それは命の象徴としてであり、
単純に生き物そのものを描いているわけではないのです。

この訪問着もそのような表現が見られる作品です。

原田今日子訪問着蝶201710191
原田今日子・作
友禅染訪問着「蝶生る」


黒地に幻想的な模様が描かれた訪問着。
花から蝶が生まれているような模様です。
蝶の群が花のような形を構成し、そこから蝶が分離・独立して飛び立っていくよう。
集合体から個へ、命が一つの形を成し、個性を得て飛び立つような模様。
蝶は古くから魂を象徴するものと捉えられてきたので、なおさらこの模様に生命を感じます。

一般的な着物では一番のポイントとなる上前部分は、意外とすっきりシンプル。
原田今日子訪問着蝶201710192

この着物の最大の力点は、後ろ右裾から下前にかけての部分です。
お召しいただくと、後姿の方が華やいで見えるでしょう。
また、歩かれたりして上前の裾が翻るたびに、下前の柄が見えます。
お召しいただいて、動きを伴ったとき、この着物の魅力が最も表現されるでしょう。
原田今日子訪問着蝶201710193

この着物を特徴づけるものに、色撒き糊の使用があります。
緑色の点が色撒き糊です。
撒き糊とは、糊の細かなチップを布に固着させ、染める技法です。
糊の付いた部分は地色の黒が染まらないので、糊のチップの形に染め残ります。
糊自体に染料を含ませておくと、糊で着色ができます。
この着物では緑色の染料を混ぜた糊のチップで染め、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
原田今日子訪問着蝶201710194

写真ではわかりにくいですが、生地全体に金糸が織り込まれていて、ほのかに金の輝きがあります。
留袖などの黒とは違い、エレガントな輝きのあるオシャレな黒色です。
八掛にも蝶のモチーフが描かれています。
原田今日子訪問着蝶201710195

大胆な構図と幻想的な模様に原田今日子さんの個性が表れています。
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください(^^♪

原田今日子個展20171017
【友禅染 原田今日子 初個展】
10月26日(木)~31日(火)
神戸・元町 丸太や店内

※10月28日(土)・29日(日)に原田今日子さんがご来店くださいます

原田今日子201710171

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR