FC2ブログ

香り高い橘文様の訪問着で礼装コーディネート

わたしは橘の文様が好きです♪
花の柄も良いのですが、橘の葉と実を描いた橘文様には凛とした大人の美しさがある気がします。
こちらの着物コーディネートは、橘文様の訪問着に花菱文様の袋帯を合わせた礼装コーデ。
橘柄訪問着201802273

爽やかな水色に、橘の模様がはんなりやさしい訪問着です。
橘柄訪問着201802271

橘柄訪問着201802272

なぜ橘は着物の文様になったのでしょうか。
橘はミカンの仲間で、古くから日本に自生していた日本固有の柑橘類です。
橘は年間を通して青い葉を絶やさないことから不老長寿、
永遠に変わらぬものの象徴として神聖視されました。
奈良時代には元明天皇が橘を寵愛し、
仕えていた女官に橘の姓を下賜し橘氏が生まれるなど、
橘は高貴な植物とされていました。
文様としては平安時代の絵巻物の中に見られるようになり、
昨年の大河ドラマでも話題になった井伊家など橘を家紋とする家も生まれました。
江戸時代には婚礼衣装に描かれるなど、吉祥文様として定着しました。

前から見た着用イメージはこんな雰囲気。
橘柄訪問着201802276

合わせた袋帯は、格調の高さがありつつ、小柄で上品なテイスト。
着物の柄を邪魔することなく、金地と色糸の華やかさを添える帯です。
橘柄訪問着201802234

橘柄訪問着201802275

礼装として、晴れの日や改まった場面でお召しいただけます。
瑞々しく爽やかな色合いが魅力のコーディネートです。
橘柄訪問着201802277

橘は厳しい冬の間も緑を絶やしません。
人の人生は、春のようにいつも穏やかで暖かではありません。
冬の寒さのように厳しいときもあるでしょう。
そんな中でも、橘のように、厳しさに負けず凛としていたいですね。
橘文様は、そんな人生の応援歌のようにも思えます。

こちらの着物・帯・帯締め・帯揚げのトータル仕立て上がり価格は40万円ほどになります。
詳細は丸太やまでお気軽にお問い合わせください(^^♪

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook


プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR