FC2ブログ

小山憲市さん作・すみれ色の上田紬

今日で1月も終わりですね。
梅の花が咲き始めているそうです。
春が近づいてきましたね♪

今日は春にお召し頂きたい、とっても素敵な色合いの着物をご紹介したいと思います。

小山憲市上田紬201910311
こちらははんなりやさしいすみれ色の上田紬。
信州の染織家・小山憲市さんの作品です。

小山憲市上田紬201901312
上田紬は長野県の上田市で作られている絹織物です。
丈夫でお洒落な織物として、江戸時代には大島紬や結城紬と並んで人気だったそうです。
上田紬の特徴は、織元がそれぞれ独自の製法で制作していること。
結城紬や大島紬は工程ごとに分業になっていて、規格も細かく決まっていますが
上田紬は古くからそれぞれの織元が独自のものづくりをしてきたため
風合いも色合いもデザインも織元ごとに個性があります。

中でも小山憲市さんは、糸の精錬から染色、デザイン、織まで、全て一貫して制作されています。
どの工程も妥協しないため、全て自分で納得いくまで仕上げるのが小山さんのポリシーです。
小山さんの作る上田紬は、細部まで思いの行き届いた味わいが魅力です。

小山憲市上田紬201901313
さて、この上田紬は本当に美しいすみれ色ですよね。
でも生地をよく見ると、すみれ色だけでなく、様々な色が組み合わせてあるのがわかります。
すみれ色の濃淡、明るい白、やさしいベージュ、中には黒に近い色も見えますね。
これだけ複雑な色を重ねているのに、着物全体の色は透明感すら感じるのが不思議です。
色だけでなく、糸そのものも単純ではありません。
小山憲市さんは、質感の違う糸を複数組み合わせて独自の風合いを作り出しています。
全体の風合いはふっくら柔らかですが、
柔らかな糸だけでなく、細く艶のある糸、シャキッとした糸などを組み合わせてあります。
個性の違う糸がお互いの持ち味を出しつつ、足りないおころを補い合って
一つの風合いを作り出しているのです。

小山憲市上田紬201901314
模様は細い横段模様で、遠目には少し無地っぽく見えるでしょう。
でも普通の無地の紬とは違い、複雑な色模様が豊かな表情を産み出してくれます。
そして何より一番感じていただきたいのは風合い。
絹ってこんなに気持ちいいんだ!と感動する肌触りです。
これは実際にお手に取って感じていただきたいですね!

小山憲市201901315
やさしいすみれ色に包まれて、春のお出かけはいかがでしょうか?
こちらは現品1点限りです。
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください(^^♪


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR