FC2ブログ

高貴な牡丹柄の付下げで礼装コーディネート

着物の文様に描かれることの多い牡丹の花。
牡丹は「富貴の花」「百花の王」などと呼ばれ、高貴な花とされています。
そのため吉祥文様として礼装の着物などに多く描かれるのです。

1月23日から作品展を開催させていただく友禅染作家・木戸源生さんも
今回とても美しい牡丹の柄の付下げを染めてくださいました。
ぜひこんな着こなしでお召しいただきたいですね。
木戸源生付下げ202001216

木戸源生さん作の牡丹柄付下げに、暈し織の袋帯のコーディネートです。
華美になりすぎないよう、かつ気品高く、すっきりとした取り合わせにしました。

木戸源生さん作の付下げは、ブルーグレー地に白い牡丹の花を華麗に描いたもの。
花の香りを感じるような、瑞々しく美しい牡丹の花が魅力的です。
あえて牡丹のみで潔く描き切ったところも素敵です。
付下げですが、訪問着にも劣らない格調の高さがあります。
木戸源生付下げ202001211

木戸源生付下げ202001213

着物の風格を活かすよう、帯は逆に模様の無いものを合わせました。
若草色と金糸の暈し織になった、川島織物の西陣織袋帯です。
牡丹の高貴な香りを表す黄金の光を帯びているような色合いです。
柄が無い帯は寂しいように思われがちですが、実は着物の柄を活かすのに丁度良いのです。
川島織物袋帯202001211

川島織物202001212

帯締め、帯揚げもあまり色を増やしすぎないよう、シンプルにまとめてみました。
着物の柄の勢いと、すっきりまとめた帯回りが、丁度良いバランスで調和しています。
木戸源生付下げ202001217

気品ある礼装として、式典やパーティー、観劇などにお召し頂きたい着物コーディネートです。
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください。

友禅染作品展202001

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR