FC2ブログ

【服部綴工房】期待の若手が織り上げた本綴帯

今、日本のあちこちで後継者不足の問題が起きています。
着物をはじめとした伝統産業もそのひとつ。
技術を継承し、モノを作り続けていくことが、年々難しくなっています。

そんな時代の中ですが、服部綴工房には希望の光もあります。
爪掻本綴を織る若い織り手が育っているのです。
今回弊店で開催する爪掻本綴展でも、そんな期待の織り手さんが手掛けたものがあります。

服部綴工房爪掻本綴帯202003011
こちら、墨色地に波うさぎ模様の爪掻き本綴帯です。
この帯を制作されたのは爪掻本綴帯職人の小野さん。
服部綴工房の帯を手掛ける、女性の織り手さんです。
数年前に初めてお会いした際、服部綴工房の服部秀司さんが
「うちの未来のエースです」とご紹介くださいました。
今や難しい柄もこなす立派な職人さんです。

服部綴工房爪掻本綴帯202003012
波の流れるような構図
うさぎの愛らしい表情
躍動感にあふれる見事な模様です。
生地の質感もしっかりコシがあり、結び心地も良さそう。

服部綴工房爪掻本綴帯202003013
ちなみに、波にうさぎの模様は古くからあるモチーフの一つです。
デザインの由来は謡曲「竹生島」の中の一節
「月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか」
(意訳:月が水面に映っているときは、月のうさぎもきっと波の上を駆けていることでしょう)
だといわれています。
うさぎは神の使いであり、繁栄を意味する模様でもあり、古くから好まれた模様です。

服部綴工房爪掻本綴帯202003014
爪掻本綴に希望の光をもたらしている若き職人さんの
活き活きとした躍動感あふれる素敵な帯です。
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください♪

服部綴工房爪掻本綴展202002271

【服部綴工房 爪掻本綴展】
3月5日(木)より9日(日)まで
神戸・元町 丸太や 店内
催しのご案内は<こちら>


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR