FC2ブログ

【服部綴工房】白い象が愛らしい爪掻本綴帯

爪掻本綴といえば、昔は金銀キラキラの礼装用帯が主流でした。
服部綴工房も、昔はそのような格調高い帯を主に作っていたそうです。
ですが現在は、より楽しく、お洒落に結べる帯にシフトして制作されています。
最初は、お洒落向きの図案を織る職人さんに持っていくと
「本当にこの柄織るんですか」と言われることもあったそうですが
爪掻本綴をもっと身近に、もっと気軽に結べる帯にしたいという服部秀司さんの強い信念で
現在の服部綴工房のスタイルが出来上がったのだそうです。

この綴帯も、服部綴工房らしい、愛らしいデザインが魅力です。
服部綴工房爪掻本綴象202003061

白い象たちが可愛い爪掻本綴帯です。
やや焦げ茶寄りの墨色に、白い象の丸がメリハリ。
つぶらな瞳が何とも言えませんね。
服部綴工房爪掻本綴象202003062

象は着物や帯の柄にもときどき見ることのあるモチーフです。
仏教の影響で、白い象は菩薩が乗る神聖な動物とされているからです。
ありがた~い意味のある象の模様ですが
服部さんのデザインだと神聖な威厳よりは、あたたかな愛情を感じますね。
服部綴工房爪掻本綴象202003063

前の柄は片側のみについています。
半時計回りに帯を巻くと前の柄が表れます。
反対側は無地として使えます。
服部綴工房爪掻本綴象202003065

前の柄の象は向かい合った親子の象。
親子の愛情があふれているような、とてもほほえましい柄です。
服部綴工房爪掻本綴象202003064

紬や小紋などにコーディネートしたくなる帯です。
更紗や唐草模様など、インドや東南アジア由来の柄の着物に合わせるのも良いでしょう。
価格など詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください♪


服部綴工房爪掻本綴展202002271

【服部綴工房 爪掻本綴展】
3月5日(木)より9日(日)まで
神戸・元町 丸太や 店内
催しのご案内は<こちら>


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR