FC2ブログ

ベートーヴェンの『月光ソナタ』を着物で身に纏う

秋の夜長といいますが、秋に見る月の美しさは格別です。
夜空に浮かぶ月の光を浴びていると、心が浄化していくような気がします。
遠い昔の人も、今私たちが見ているような月を眺めていたのでしょうか。

ベートーヴェンの作品の中でも屈指の有名曲に『月光ソナタ』があります。
ピアノソナタ第14番嬰ハ短調のことです。
レルシュタープという詩人が、冒頭楽章の静かな美しさを
「湖の月光が揺れる湖面にうかぶ小舟のよう」
と例えたため、『月光』という愛称が広まったそうですね。
ベートーヴェンが月の光からインスピレーションを得たかどうかはわかりませんが
確かにこの曲の美しさは月の光の静かな輝きを感じるような気がします。

今年はベートーヴェンの生誕250年ということで
弊店もベートーヴェンにちなんだ着物を制作しました。
その一つがこの上田紬【月光】です。
小山憲市上田紬月光202009271

信州上田の染織家・小山憲市さんに制作していただいたオリジナルの上田紬です。
ベートーヴェンの『月光ソナタ』のイメージが、織で見事に表現されています。

全体の地色は、夜の闇を思わせる漆黒色。
完全な黒ではなく、栗で染めたベージュの縞が細かく織り込まれた深い色です。
紬のマットな風合いの中に、時折絹の艶がきらめきます。
小山憲市上田紬月光202009272

夜の湖の揺れる波を表すのは、ピアノの鍵盤になった幾何学模様です。
糸のグラデーションで、おぼろげに浮かんでは消える鍵盤模様が
ピアノの響きと重なります。
小山憲市上田紬月光202009273

月の光を表すのは、所々に織り込まれたブルー。
中央に光る一筋の白い糸が、月明りを反射してきらめく湖畔の美しさを表しています。
織りで表現された色合いは、角度によって鮮やかに見えたり、暗く沈んで見えたり
揺れる波間の光のように変化してゆきます。
小山憲市上田紬月光202009274

着姿の参考に、ピアノ柄の名古屋帯をコーディネートしてみました。
ピアニストのリサイタルなどにお召し頂けたら、とっても素敵です。
小山憲市上田紬月光202009275

この1点の着物のためにデザインし、制作していただいた、世界に一つだけの着物です。
丸太やホームページのオンラインショップからもご注文頂けます。
詳細は丸太やまでお気軽にお問合せください。

<上田紬洒落訪問着【月光】>
制作:小山憲市
表地価格:418,000円(税込)
オンラインショップは<コチラ>


お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook
プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR