FC2ブログ

冬には冬の美しさ

寒い日が続きます。
こんな時は花も縮こまってしまいそうですが
冬の花は綺麗な花を咲かせています。
たくましいですね。
個人的に寒いのは苦手な方ですが
冬の花を見ると、気持ちが凛とする気がします。

こちらは紬の着物に染帯のコーディネート。
一服の絵画を見るような、大人の着こなしです。
B092BBA3-AD2F-45A6-B18A-37BDC6660C78.jpeg

着物は長野県は松本市の三才山というところで作られている【三才山紬】です。
三才山と書いて「みさやま」と読みます。
1軒の工房のみで作られている織物です。
工房近くの野山で得られる植物で染めた草木染100%の色で
経糸に生糸、緯糸に紬糸を使い、手織りで仕上げています。
生糸のサラッとした風合いと、紬糸のフワッとした風合いが重なり
程よいサラフワ感の風合いで愛好する方の多い生地です。
弊店の女将も大好きで、よく三才山紬を着ています。
7E544D25-CC87-4A88-944A-B7691008C37B.jpeg

色は上溝桜という桜の仲間の木で染めた赤茶色です。
上溝桜は、桜の仲間といっても桜とはちょっと違う雰囲気の花が咲きます。
染める際は、花が咲く直前の枝を切り、枝に集まった色素を煮出して染めます。
古くから赤みのある色を染めるのに使われているのだそうです。
色は自然なムラがあり、天然染料ならではの味わいがあります。
柄の無い無地の着物で、三才山紬の風合いと上溝桜の色合いをストレートに楽しめる着物です。
E7D93133-9E3B-4EF1-82AB-1755CA0E33D1.jpeg

帯は長田けい子さん作のろうけつ染名古屋帯。
山茶花の花を明るいタッチで描いています。
山茶花は晩秋から早春にかけて花を咲かせるそうです。
椿と似ていますが、花の咲く時期は山茶花の方が少し早いのだそうです。
7A7910DA-44BF-434C-BB19-159D9D03D129.jpeg

長田けい子さんの描く花は、本当に瑞々しいタッチ。
花びらの薄く軽い質感がそのまま描かれているようで
花の香りさえ感じそうです。
0983007A-9A37-4BAA-8672-FB652F7712B9.jpeg

無地の三才山紬のキャンパスに、山茶花の花の帯を描いたような
本当に美しい絵画を見ているような気がするコーディネートです。
今が旬の着こなしですね。
0392CCAF-6681-4F86-82AC-170F065CF2B1.jpeg

ちなみにこちらの着物、帯、帯締め、帯揚げのトータル仕立て上がり価格は概ね48万円ほどです。
詳細は丸太やまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは丸太やへ→丸太やホームページ

Tel: 078-331-1031
FAX: 078-331-1852
E-mail: marutaya@tulip.sannet.ne.jp

facebook始めました!よかったら「イイネ!」って押してネ!→丸太やfacebook

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みきゆづる

Author:みきゆづる
神戸・元町の老舗呉服屋「丸太や」の店員です。
元町商店街一番街の大丸前入り口から入ってすぐの店先に着物姿で立っていることが多いです。
音楽が好きで、バイオリンもかじっています。
年2回の丸太やフレンドリーコンサートで演奏もします。

検索フォーム
最新記事
丸太やFacebook
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR